頭皮の皮脂残りは血行不良が原因で起きて、頭頂部を人差し指、親指でつまんで見てください。頭皮が硬くつまめない時は頭皮状態がよく兄です。

こぶしの第2関節でマッサージするよう頭皮をぐりぐりおしましょう。頭皮が健康な状況の方は気持ちいいですが、痛みが強く感じられる人は頭皮が不健康です。

そして、これらは年齢を重ねて起きる現象とは限らず、早くて10、20代の人の間ではげになることがあります。

中でも多いのがAGA(男性型脱毛症)で、これは思春期以後の男性で早ければ20歳代前半から頭髪が薄くなり、頭頂部、前頭部の毛が軟毛となります。

若ハゲが治る方の主張ですが、若いから健康的生活していると直る・血行不良改善して直る・皮脂詰まりをとれば直るなど。

ストレスがたまれば自律神経が乱れて血管拡張して、血液が流れにくく血行不良に。血液が流れにくいのは血液中栄養も流れにくく髪に栄養が行きません。

若ハゲの原因がAGAの人は、しっかり専用の治療薬を飲み続けることで対策出来るはず。原因をしっかり究明し、それに合う対策をすれば若ハゲ回復できるケースがあります。

間違った対策では効果なし

間違った方法なら効果が出ないことがあります。髪に良い食べ物を食べても治らない、シャンプーを変えても治らないなどどういうことでしょう?

髪をふやしたければワカメがいいというのがハゲの方の食生活で言われてますが、根拠ありません。

つかってる皮脂を取り除くのにシャンプーを念入りにしていれば帰って髪を傷めて薄毛となることも。いわゆる育毛シャンプーも単独では発毛するわけではなく、あくまで頭皮環境を整えるものとおもってください。

セルフチェックやケアでどうしようもない場合や、どんどんと薄毛が進行していくようならば早めに病院に行きましょう。

最近は全国でもAGA専門クリニックがあって無料でカウンセリングなども行っているので一度気軽に相談するのもいいと思います。

ちなみに筆者の地元の上野でもしお探しの方はこちらのランキングサイトも参考までにどうぞ。

AGA治療クリニック 上野